2019年03月05日

玉Q315号線@大阪道頓堀島唄ライブおぼらだれん

3月7日(木曜日) 大阪市中央区道頓堀 沖縄奄美料理 島唄ライブおぼらだれんさん
にて、一五一会奏者Qooさんこと楠瀬敏夫さんと演奏させて頂きます。
おいしいお料理やお酒と併せて島唄のひとときをお楽しみください。

玉Q315号線
 楠瀬敏夫(Vo.一五一会)
 玉城忍(Vo.三線)

大阪市中央区道頓堀 島唄ライブおぼらだれん
19時30分〜/21時00分〜
ライブチャージ 500円
http://oboradaren.sub.jp/address.html
お問合せ 06-6484-0800

皆様のご来店を心よりお待ちしております。
posted by タマ at 05:47| ライブ情報

2019年02月27日

木谷亮太&玉城忍龍耳ぬ風 in 京都宇治Waoya

3月2日(土曜日) 京都府宇治市ライブ居酒屋Waoyaさんにて、龍耳ぬ風の木谷亮太
さんと演奏させて頂きます。

龍耳ぬ風(リュウジヌカジ)
「龍耳」は「聾」を分解した漢字で、聴こえない人も含めて、
1人でも多く笑顔でいろんな人に「自然に喜んで音楽を聞いて貰いたい!」という願
いが込められている木谷亮太さんのオリジナルブランドです。
そこに、ブラインド(視覚障害)の私が加わっての演奏会!
ユニット名をデフブラモンキーとしてこの度開催させて頂くことになりました。

ネーミング解説
※「デフブラ」
デフ→英単語 #Deaf
聴覚障がいの意味
ブラ→英単語 #Blind
視覚障がいの意味
モンキー #人間は猿の仲間

というわけでデフブラコンビでお届けいたします!

木谷亮太 歌三線 聴覚障害
玉城忍 歌三線 視覚障害

それぞれにハンディはあれど、そのハンディをあるがままに受け止めてこよなく沖縄
島唄 歌三線を愛する二人組のとても楽しい演奏会♪

木谷亮太&玉城忍 龍耳ぬ風 in 京都宇治Waoya
3月2日(土曜日)
ライブ居酒屋 Waoya(ワオヤ)
京都府宇治市宇治若森31-5
宇治タイセイビル地下1階
JR宇治駅すぐ。
OPEN 18時半
START 19時半
チャージ 投げ銭
※要ドリンク&飲食オーダー

ご予約・お問い合わせ
0774-24-8038
http://live.waoya.jp

皆様のご来店を心よりお待ちしております♪
posted by タマ at 12:34| ライブ情報

3月のスケジュール

スケジュールの一部を公開しています。

2日(土曜日)
 龍耳ぬ風木谷亮太&玉城忍 京都宇治Waoya
4日(月曜日)
 町家カフェさわさわ島唄なひととき
7日(木曜日)
 洛西竹の里会館
 玉Q315号線 大阪道頓堀島唄ライブおぼらだれん
10日(日曜日)
 琉ゆう会エイサー練習
 玉Q315号線 大阪京橋奄美沖縄料理ハイビスカス
11日(月曜日)
 町家カフェさわさわ島唄なひととき
12日(火曜日)
 東山社協スキップ市民公開講座
14日(木曜日)
 洛西竹の里会館
15日(金曜日)
 玉城忍@河原町七条ZEN CAFE
17日(日曜日)
 琉ゆう会エイサー練習
18日(月曜日)
 町家カフェさわさわ島唄なひととき
20日(水曜日)
 玉Q315号線 大阪大正区奄美沖縄料理風唄(かじうた)
21日(木曜日)
 洛西竹の里会館
23日(土曜日)
 神戸楽泳会30周年記念パーティー
25日(月曜日)
 町家カフェさわさわ島唄なひととき
28日(木曜日)
 洛西竹の里会館
 町家カフェさわさわ
29日(金曜日)
 玉Q315号線 大阪京橋奄美沖縄料理ハイビスカス
30日(土曜日)
 玉城忍@沖縄お気楽酒場いちゃりば
posted by タマ at 12:03| スケジュール

2019年02月22日

春の予感

速いもので2月も後半に入っている。
まだ寒い日は続いているが、少しずつ春のぬくもりを感じるようになってきた。
なにかまたステージアップしていきそうな、そんな予感がしてわくわくする。
そして、このところ、歌を歌うときにややフラットぎみになる癖がだいぶ治ってきたのがうれしい。
少しずつだが着実に良い感じになってきている。
とにかく稽古の積み重ね。継続は力なりですね。
posted by タマ at 01:17| ブログ

2019年02月16日

玉城忍@京都百万遍いちゃりば

2月23日(土曜日) 京都市左京区百万遍 沖縄お気楽酒場いちゃりばさんにて演奏
させて頂きます。
毎月最終土曜日に演奏させて頂いているいちゃりばさん。
いつも玉城ファミリーでアットホームなライブをさせて頂いております。
店長自慢のおいしいお料理とお酒やドリンクを飲みながら、一緒に楽しい時間を過ご
しましょう!

京都百万遍 沖縄お気楽酒場いちゃりば
百万遍交差点を東へすぐ。北側。
知恩寺の手前の角、2階です。
18時30分〜/20時00分〜
ライブチャージ 投げ銭
ご予約・お問い合わせ
070 5508 0644 いちゃりば

それではみなさんぜひお待ちしております♪
posted by タマ at 19:46| ライブ情報

2019年02月14日

玉Q315号線@大阪本町美ら島物語

2月19日(火曜日) 大阪本町沖縄ダイニング美ら島物語さんにて、
一五一会奏者 Qooさんこと楠瀬敏夫さんと演奏させて頂きます。
おいしいお料理やお酒と併せて島唄のひとときをお楽しみください!

玉Q315号線
 楠瀬敏夫(Vo.一五一会)
 玉城忍(Vo.三線)

大阪本町沖縄ダイニング美ら島物語
大阪市中央区瓦町4-3?14 御堂アーバンライフB1F (御堂筋線本町駅2番出口 徒歩1
分)

ライブスタート 19時30分〜/21時00分〜
ライブチャージ 投げ銭
お問い合わせ 050-5590-5486
http://www.chura-3.jp/

みなさんぜひお待ちしております!
posted by タマ at 19:38| ライブ情報

玉Q315号線@大阪京橋ハイビスカス

2月17日(日曜日) 大阪京橋 奄美・沖縄料理ハイビスカスさんにて、
一五一会奏者 Qooさんこと楠瀬敏夫さんと演奏させて頂きます。
おいしいお料理やお酒と併せて島唄のひとときをお楽しみください!

玉Q315号線
 楠瀬敏夫(Vo.一五一会)
 玉城忍(Vo.三線)

大阪市都島区京橋 居酒屋 奄美・沖縄料理ハイビスカス
19時30分〜/21時00分〜
ライブチャージ 投げ銭
http://www.nomo-2.com/hibiscus/
お問い合わせ 06-6928-0730 ハイビスカス

みなさんぜひお待ちしております!
posted by タマ at 18:09| ライブ情報

2019年02月06日

見えない・見えにくいを知ろう!第44回あい・らぶ・ふぇあ

今年も見えない・見えにくいを知ることのできるイベントアイ・ラブ・フェアが大丸
京都店にて開催されます。
見えない・見えにくいってどういうことなんだろう?
どんなサポートをすればいいんだろう?
ステージや体験型ゲームなどを通して楽しく知って頂けるイベントです。
2月14日(木曜日)から17日(日曜日)まで開催されます。
15日(金曜日) 15時より、私もステージで演奏させて頂きます。
入場は無料です。
お子さんやご友人などとお誘い合わせの上、ぜひお気軽にお越しください。

第44回 あい・らぶ・ふぇあ
日時 2019年2月14日(木曜日)〜2月17日(日曜日)
10時〜18時(最終日のみ17時

場所 大丸京都店 6階イベントホール
入場無料

詳細は下記ホームページをご覧ください。
社会福祉法人 京都ライトハウス - 見えない・見えにくいを知ろう!第44回 あい・
らぶ・ふぇあを開催します!
http://www.kyoto-lighthouse.or.jp/news/read/id/957

ぜひみなさんお待ちしております!
posted by タマ at 01:12| ライブ情報

2019年01月31日

2月のスケジュール

スケジュールの一部を公開しています。

2日(土曜日)
 京都檀王法林寺三線教室
4日(月曜日)
 町家カフェさわさわ島唄なひととき
7日(木曜日)
 洛西竹の里会館
10日(日曜日)
 京都沖縄県人会新年会
11日(月曜日・祝)
 町家カフェさわさわ島唄なひととき
14日(木曜日)
 洛西竹の里会館
15日(金曜日)
 アイラブフェア(大丸京都店)
16日(土曜日)
 京都檀王法林寺三線教室
17日(日曜日)
 大阪京橋 沖縄奄美料理ハイビスカス
18日(月曜日)
 町家カフェさわさわ島唄なひととき
19日(火曜日)
 大阪本町 沖縄ダイニング美ら島物語
21日(木曜日)
 洛西竹の里会館
23日(土曜日)
 沖縄お気楽酒場いちゃりば
28日(木曜日)
 洛西竹の里会館
posted by タマ at 08:49| スケジュール

2019年01月30日

いつものように

いつものように団地の前からバスに乗り、いつも利用している阪急桂駅にたどり着く。
周囲の人たちの足音を聴きながら、白杖を使い点字ブロックを探し、それにそって足を進める。
改札をぬけて、さらに足を進める。
いつものホームへと降りる階段を降りてほっと一息ついていたところ、「背中にしょっておられる物はヴァイオリンですか?」と暖かな声の女性から声をかけられた。
三線のケースはヴァイオリンのケースと、とてもよく似ているらしい。
そのため、よくこのように声をかけられることが多い。
「実はヴァイオリンではなくて沖縄の三線という楽器なんです」と答えるところから、いつも会話が始まる。
その方はヴァイオリンをされているそうで、同じように楽器ケースを背中にしょっておられるとのことだった。
音楽が好きで幼いころからヴァイオリンを習われてきて70歳を過ぎた今も続けておられるとのこと。
「すてきですねぇ」とお話をさらに聴いて行くと、35年間ヨーロッパで活躍されて、それから日本に帰ってきてからは長岡京室内アンサンブルを設立されたとか。
そして、日本で初めて点字楽譜を作られた方ともお知り合いとのこと。
おぉ、なんだかすごい方にお声をかけて頂いた。
長岡京は僕の実家があって今もよく行きますとお話しすると、
長岡京記念文化会館のホールを拠点に活動しているので、よろしければ遊びにきてくださいと近々予定されているコンサートのフライヤーを下さった。
スケジュールが空いていればぜひ行かせて頂きますとお伝えしてその方とお別れした。
お名前は森悠子さんとおっしゃる方だった。
帰宅してから頂いたフライヤーを嫁さんに診てもらうと、書かれているプロフィーるや経歴に驚いた。
まさに世界的なバイオリニストで、フランス政府から芸術文化勲章も頂いておられるような方だった。
白杖を突いて町を歩いているといろいろな方がお声がけ下さる。
そんなみなさんのあたたかなお声がけによって僕らは安心して安全に町を歩くことができる。
そして、色々な人とつながることができるのだ。
視力を失ったことで、できなくなったことや不便なことは確かに多いが、けしてマイナスのことばかりではない。
たくさんの人のあたたかなこころにふれられるようになったこと。
たくさんのひとたちにありがとう!の言葉を届けられるようになったこと。
そして、このようにいろいろな人たちとの出会いがたくさん得られるようになったことは、見えなくなったことでも、とても良かったと思えるところだ。

長岡京室内アンサンブルについて
書き、公式ホームページより抜粋。
『地域ごとに独自の音色を持つオーケストラがあるヨーロッパのように、長岡京独自の音色、思想を持った演奏団体を育てたい』という理念の下、1970年代より欧米を中心に教育・演奏両面で国際的に活躍してきたヴァイオリニスト 森悠子を音楽監督として、国内外の各地から優秀な若手演奏家が集まり、1997年3月結成された。指揮に頼らず互いの音を聴く「耳」を究極にとぎすませた独自のスタイルを特長に、緻密で洗練された技術と凝集力の高さ、独自の様式感覚をもった高度な表現法と音楽性の高さは、日本でも希有な存在と高く評価される。
http://www.musiccem.org/
posted by タマ at 11:38| ブログ