2020年05月30日

京太郎(チョンダラー)


道化役を演じながら、隊列の整理などを担うエイサーの仲の重要な役割。

この京太郎(チョンダラー)は、かつて念仏者(ニンブチャー)と呼ばれ、
お祝いの歌、葬式での念仏、漫才芸などをする門付け芸をする人たちでした。

1603年に沖縄に渡来した浄土宗の高僧 袋中上人(たいちゅうしょうにん)が、
浄土の教義を世間の人たちにわかりやすくして琉歌念仏を作り、
節を付けて布教したことを始まりに、
念仏者(ニンブチャー)と呼ばれる人たちが表れました。

18世紀半ばころには、王家や貴族の間で、お盆になると、彼らを屋敷に招いて祖霊の供養をするという風習ができていたそうです。
その念仏歌が三線に乗せられて歌われるようになったことが、
エイサーのはじまりだと言われています。

エイサーの起源とも言える京太郎(チョンダラー)
それは現在もエイサーの中で、道化役を演じながら、隊列の整理などを担う
重要な役割として、その伝統が受け継がれています。
posted by タマ at 13:05| エイサー

2020年05月18日

エイサーの構成について


数十人から百人を超える集団となって演舞される沖縄のエイサー。
その構成は、どのようになっているのでしょう。

現在は、太鼓エイサーが主な形となっていて、
地域や団体によって、その構成は多少変るものの、
主な構成としては、下記のようなものとなっています。

旗頭(はたがしら)
先頭に立って、その地域や団体の名前を記した縦長の大きな旗を持つ。

太鼓打ち(テークウチ)
大太鼓(ウフデークー)、締め太鼓(シメデークー)、
パーランクーの3種の太鼓があり、主に男性が担うことが多い。

地域や団体によってはパーランクーのみ使用したり、
大太鼓と締太鼓のみで、パーランクーは使用しないところもある。

手踊り(ティモーイ)
主に女性が何も持たずに踊り、
地域によっては四つ竹や手拭(ティサージ)などを持って踊ることもある。

地謡(ジウテー)
三線(さんしん)を弾いて歌を歌う。
2名から6名くらいが地謡を務めることが多い。

京太郎(チョンダラー
道化役を演じながら、隊列の整理なども担う重要な役割。

このような5つの役割によって構成されて演舞されるエイサー、
その一糸乱れぬ演舞と迫力ある太鼓の音とバチさばきは、
見る人の心に大きな感動を与えます。
posted by タマ at 16:08| エイサー

2020年05月10日

心を魅了する沖縄のエイサー


エイサーは沖縄の盆踊り、祖霊・精霊の供養を目的とした念仏踊りから発展してきた伝統芸能

その起源は、1603年に沖縄に渡来した浄土宗の高僧 袋中上人(たいちゅうしょうにん)が、
浄土の教義を世間の人たちにわかりやすくして琉歌念仏を作り、節を付けて布教したことからはじまりました。

その後、念仏者(ニンブチャー)と呼ばれる人たちが表れて、
18世紀半ばころには、王家や貴族の間で、お盆になると、彼らを屋敷に招いて祖霊の供養をするという風習ができていたそうです。
その、ニンブチャーによって、念仏歌が三線に乗せられて歌われるようになったことが、エイサーのはじまりだと言われています。

この念仏者(ニンブチャー)は、お祝いの歌、葬式での念仏、漫才芸などをする門付け芸の、
京太郎(チョンダラー)を兼ねていました。

当初は、ニンブチャーにより念仏歌のみで歌われていましたが、さらに庶民の間にも広がりを見せ、
明治に入ってからは、各村や地域の青年たちが、それを担うようになり、毛遊び歌や民謡も取り入れられるようになりました。

戦後は、1956年に、旧コザ市(現在の沖縄市)で全島エイサーコンクールが開催され、
見せるエイサーとして、さらなる発展をするようになり、その後、全国的に沖縄出身者を中心にエイサー団体が設立され、
現在では、さらに独自のエイサー団体も数多く設立されて、様々なイベントや行事にて演舞されるようになっっています。

青年たちが踊りながら太鼓を打ち鳴らし、歌と囃子に合わせ練り歩く、迫力ある伝統芸能。
その演舞は私たちの心を魅了します。
posted by タマ at 16:01| エイサー

2020年01月18日

深草中学校にてエイサー指導


1月16日より、京都市伏見区深草中学校にて、琉球エイサー京都琉球ゆう遊会のメンバーとして、エイサー指導に行かせて頂いています。
今回を合わせて、全4回にわたってのエイサー講座。
琉球・沖縄の文化を知って頂き、かっこよくエイサーを踊って頂けるよう、
お手伝いをさせて頂いています。

練習場所は寒い冬場の体育館。
皆さん一生懸命、練習に取り組んで下さっています。

京都琉球ゆう遊会は、1993年に京都府宇治市在住の
沖縄県出身者を中心に結成されたエイサー団体です。

沖縄市園田青年会のエイサーの手をベースに
京都府内を中心に関西各地で活動しています。

京都琉球ゆう遊会ホームページ。
エイサー太鼓、エイサー手踊り、琉球獅子舞など沖縄伝統芸能で、
イベントを盛り上げます。
https://yamatokitoyo.wixsite.com/kyotoryuyukai
posted by タマ at 16:17| エイサー

2018年09月11日

大正区ガジマルエイサーまつり2018に京都琉ゆう会出演させて頂きました


9月9日(日曜日) 大阪市大正区、大正区役所区民ホールにて、
ガジマルエイサー祭り2018が開催され、
京都琉球遊ゆう会の地謡として出演させて頂きました。

今回、台風21号の影響により、千島グラウンドの使用ができなくなったことから、
一旦中止となりましたが、急遽ぎりぎりになって区民ホールでの開催が決まっての出演
となりました。

会場の都合等もあり、個人での告知ができなかったことをお詫び致します。

このようにして開催することができたのも、実行委員の皆様、関係者の皆様、
そして沖縄の文化を支えてくださっているすべての皆様の、多大なお力があってのことだと思います。

当日は雨模様ではありましたが、たくさんの皆様がご来場下さいました。

皆様本当にありがとうございました。
posted by タマ at 08:40| エイサー