2022年08月15日

朱雀第三学区社会福祉協議会高齢者のつどいにて演奏させて頂きました。

suzaku03-2022-08-13.jpg2022念8月13日(土曜日) 京都市中京区朱雀第三学区自治会館にて開催された、社会福祉協議会高齢者のつどいにて、沖縄の歌と三線の演奏をさせて頂きました。
残暑厳しい暑さの中、また、コロナ感染症第7波の広がりを見せる中ではありましたが、総勢やく30名の方がお集まりくださいました。
これまでに何度か演奏させて頂いて、この度もお声がけ頂いての演奏、なかなかこの感染症の状況下、中止となることが続きましたが、この度こうして皆さんとお会いできたこと、とてもうれしい限りでした。
演奏させて頂いた曲は全7曲、NHKの朝の連続テレビ小説「ちむどんどん」の中でも歌われている「てぃんさぐぬ花」を含め、古くからの民謡を数曲、そして「十九の春」、「涙そうそう」、「花〜すべての人の心に花を」など、皆さんに親しみのある内容で演奏させて頂きました。
歌詞カードもご用意して下さり、この時期ですのであまり大きな声を出すことはできませんが、皆さん口ずさみながら楽しんで下さいました。
曲と曲の間では、沖縄の音楽や楽器についてなどのお話もさせて頂き、司会をしてくださった方と一緒にお話を交えながらの、とてもアットホームな形での演奏、そして、最後にはみんなで踊るカチャーシー! これを皆さん一番楽しみにされていた様子、この度も本当に、皆さんと一緒に楽しい時間を過ごさせて頂きました。
音楽を通してつながる心、笑顔に寄って免疫力を高めることで、このコロナの波を乗り越えて行けると良いですね。 この度も本当にありがとうございました。
posted by タマ at 13:18| ライブ情報