2022年04月08日

ぬくもりコンサート2022

nukumori01-2022-04-17.jpg世界情勢のニュースや天変地異、コロナウィルス、日々うつむき加減になりそうですね。
2013年6月に、京都東山長楽寺にてシンガーソングライターの小島布水呼さん、ジュスカグランペールのギタリスト高井博章さんとスタートさせて頂きました「ぬくもりコンサート」。 この度、数年ぶりに「祇園かにかくに」にて開催させて頂くことになりました。
この会場は、歌人の吉井勇氏が住みついていた名刹。 オーナー様のご好意により実現することになり、皆様にもお越しいただき、その遺徳を感じて頂きながら、私たちの音楽もお楽しみ頂ければと思います。

日時
2022年4月17日(日曜日)
開場 15時30分
開演 16時00分

ヴォーカル 小島布水呼(シンガーソングライター)
マカフェリギター 高井博章(ジュスカグランペール)
歌三線 玉城忍

チケット 4500円

お申込み 080-3346-9445(オフィス 小島)

祇園かにかくに
http://www.kanikakuni.com/
京都市東山区花見小路末吉町西入る北側 草園館1F

出演者プロフィール

小島布水呼(シンガーソングライター)
19歳からモデルとして活躍後、2004年〜2011年 京都KBS放送ラジオパーソナリティとしてレギュラー出演。 その他、FM COCOLO・ABC放送・FM845、FMハイホー・奈良どっとFM、などの番組にレギュラー出演。 現在、司会やシンガーソングライターとしての歌手活動の他、元宝塚OGとのお芝居『恋や恋』にも出演。 ジャンルを越えて、邦楽の新内も謡う。 2013年3月リリース『宮津ものがたり』『もう一度丹後』は、宮津の応援歌であり、地元のイベントにも多数参加している。 同年秋、京都東山の長楽寺:すすき念仏会にて、江戸末期に活躍した儒学者:頼山陽に捧げる楽曲の依頼を受け、時が過ぎても頼山陽の想いは続くを作曲し献奏する。 また、和文化を子供達に伝承する事を目的とした千姫を偲ぶ会の代表として、東日本大震災の被災者で京都に在住している子供達に、七五三の着付けや日本舞踊を指導するなどのボランティア支援活動を行っている。 そして、2011年5月リリース『いつか逢えるよね我が子よ』は、東北への応援歌として震災後すぐに作曲、全国放送 JBS(日本福祉放送)ラジオを通じて放送されている。

高井博章(ギタリスト)
2007年、葉加瀬太郎音楽監督のAvex HATSレーベルよりジュスカ・グランペール(ギターとバイオリンのデュオ)のギタリストとしてデビュー。 フランスの女性歌手クレモンティーヌ、夏川りみ、女優 大竹しのぶ等に楽曲提供、レコーディング&ツアーサポートを精力的に行う。化粧品『SK2』のCM、『王様のブランチ』、TVドラマ挿入曲、NHK特番音楽担当など、多方面で活躍中。京都では上賀茂社、貴船神社、高台寺、善峰寺、長楽寺、平安神宮紅しだれコンサート、京都文化博物館ホール, 京都国立博物館etc・・・・ マカフェリギターから紡ぎ出すジプシーJazz、タンゴ、スパニッシュ、ラテンのエッセンスを内包した個性的、情熱的かつ官能的なサウンドは、オーディエンスを虜にしてやまない。 情熱派ギタリストである。

玉城忍(歌三線奏者)
1975年 京都生まれ。 沖縄本島今帰仁村出身の父たちの歌三線を聴いて育つ。 20歳のころより演奏を志し、琉球民謡及び琉球古典音楽を学び始める。 27歳のときに先天性の緑内障により視力を失うが2011年より演奏活動を開始。 2017年 琉球民謡コンクールにて最高賞受賞。 演奏場所は、カフェやレストラン、ライブハウス、神社仏閣など多岐に渡り、様々なイベントに出演。 現在、演奏活動と合わせて三線教室を主宰。 沖縄の伝統芸能であるエイサーの地謡としても活動している。

posted by タマ at 15:37| ライブ情報