2020年05月27日

色々なタイプの白い杖


一口に白い杖(白杖)と言っても色々なタイプのものがあります。
大きく分けると、ストレートタイプのものと折り畳み式のものがあり、
長さや太さ、材質も様々。

ストレートタイプのものは、杖の先で地面にふれたときの感覚が手元に伝わりやすいと言われていて継ぎ目がないので丈夫。
折り畳み式のものは、4段、5段折りなどにできて、コンパクトになるので、
使用しないときはしまっておけて便利ですね。

杖の構造は、グリップ、シャフト、チップ(石突)の3つに分けられます。

材質は、アルミ合金のものやグラスファイバー、カーボンでできたものなど様々。
太さも色々なものがあるのですが、
直系2センチ弱くらいのものが多いのではないでしょうか。

チップ(石突)も様々なものがあり、細いものや太めのもの、引っ掛かりを防げるような大きめで回転するものなども出ていますね。

長さは使う人によって変わるのですが、目安として、足元から鳩尾(みぞおち)あたりの長さのものがちょうどよいと言われています。

また、周囲に見えにくいということをアピールするための、
シンボルケーンというものもあります。

そして、最近では、超音波の反射を利用して安全を知らせるハイテクなものがあったり、LEDなどが内蔵されたものもあるようですね。

私の使用している白杖は、4段折のもので、長さが125センチメートル、
材質はアルミ合金、チップはスタンダードなものをつけて使用しています。

いつも外に出るときは必ず携帯して、手となり目となってくれている白い杖。
私たちの大切なシンボルであり、大切なアイテムです。
posted by タマ at 11:26| 視覚障害